副業

副業で業務委託しても平気?会社員が知っておきたい業務委託の事。

副業アドバイザーのまめおです(^^)

副業で何か始めたいと考えていると
「業務委託」というキーワード
出てきませんか?

聞いたことはあるけど、
改めて業務委託と言われると
よくわかんないという方も
多いですよね。

この記事ではそんな方に向けた
業務委託について
まとめてみました。

副業で業務委託って、つまりどういうこと?

業務委託で行う仕事とは、
企業に雇用されるのではなく
企業から直接、業務を依頼されて
その業務を個人で請負、
その業務を完了
することで
報酬が得られる働き方です。

そこで結ばれるのが、
業務請負契約ですね。

日本でもサービスが開始され
話題になった「UberEATS
(ウーバーイーツ)」も
業務委託になります。

コロナ禍でUberEATSを始める方も
多くなっているみたいですね。

アルバイトのような
企業雇用ではないので
時給保証もなく、出来高報酬の
働き方
になります。

インターネットで
仕事案件を受注する
クラウドソーシングも
業務委託ですね。

企業にとっては特定の
業務を社外に出せるので
社内人員を自社事業に
専念させることができる
メリットがあります。

また、専門的な業務になればなるほど
自社内でのリソース確保に
コストがかかりますので
お仕事をさせてもらえる、
つまり、業務を請け負う側にも
お互いに良い関係なのが
わかりますね。

では、自分が副業として業務委託を
行う場合にはどんなメリットや
デメリットがあるのでしょうか?

副業で業務委託をするメリット

業務委託のメリット

サラリーマンのような正社員や
アルバイト・パートとして企業に
雇用される働き方と異なり、
副業として業務委託をする場合、
ある程度自由に働けることが
大きなメリットになります。

一番のメリットは
本業以外で収入を得ることができるの
生活を今より楽にすることや
お金に関しての悩みもなくなり
生活にゆとりが生まれますよね。

本業一本の場合、
病気や怪我、家族の不幸など
様々なライフイベントが発生します。

収入源は一箇所より
多数あった方がいい
のは
何より安心ですよね。

本業と合わせて副業でも
同種の仕事をするのは
もちろんいいですが、
せっかくなので新しい領域に
挑戦するのも、
これからの可能性を広げられると
考えると魅力的ですね。

もし業務委託で受けた仕事が
安定してうまくいくようであれば、
そちらを本業にする
こともでき、
その点もメリットになるのでは
ないでしょうか。

あくまで副業として
業務委託をすることで、
複数の収入源という安心が必要
という話なので、本業を辞めてしまう
のは本末転倒なのですが…
選択肢という意味で、となります。

副業で業務委託をするデメリット

業務委託のデメリット

本業に対しての副業になりますので
平日夜や週末だけ、土日の数時間だけなど
業務委託を受けて働く時間が短く
限られてしまいます。

限られた時間の中で
効率的に仕事をこなし、
本業に支障を出さない
働き方が必要になります。

これまでプライベートに
使ってきた時間を副業に割く
ことになりますので、
1日の中でも、しっかりと
スケジュールを立て、
休むことも必要ですから
バランスを考えた働き方
考えなければならないですよね。

働きすぎて身体をこわしたら
本末転倒になってしまいます。

業務委託の働き方
受けた仕事に関して
全て自分の責任
になります。

仕事を受けたけど、
納期や成果物など
「期日までに出来なかった」では
せっかくお仕事をくれた
依頼元の信頼を無くしてしまいます。

副業で業務委託をすると会社にバレちゃう?

副業が禁止されていなくても
同僚や上司に副業していることを
隠しておきたいというケースも
ありますよね。

業務委託で仕事を受けた場合、
副業がバレてしまう時とは
どんな時でしょうか?

住民税額の変動でバレる

企業に雇用されている会社員であれば
住民税が給料から天引きされていますよね。

給与明細に「住民税」という欄が
あると思います。

住民税は前年所得によって
その額が確定
するので、
基本的には雇用されている
企業以外の収入が無い限り、
住民税に大きな変動はありません。

急に住民税が増えることになると、
経理部から確認が入る可能性があります。

納税方式を「特別徴収」から「普通徴収」に変更

業務委託で得た収益が
20万円を超えると
確定申告の義務
が発生します。

住民税を納める形式に
普通徴収(自分で住民税を収める)
選ぶことで本業の給料からの住民税額には
影響がなく天引きされるので、
バレるリスクは少なくなります。

だたし市町村によっては
普通徴収での納付が選べない
ケースもありますので、
心配な方は事前に確認したほうが
安心ですね。

業務委託でできる副業ってどんな仕事?

業務委託の種類

一昔前に比べて
業務委託で企業から募集されている
求人情報もたくさん
みられるようになりました。

これも国の勧めとして副業が
認められる流れがでたのも
影響が大きいですね。

インターネットの求人サイトでも
業務委託の案件は掲載されており
定期的にあがっているのは、
エアコン工事や水周り関連の
メンテナンスサービス、
物流配送
、等があります。

IT関係ですと、コーダーや
デザイナー、プログラマー
なども
多くあります。
プロジェクト単位で請け負うことが
求められる案件も多くなりました。

季節によっても業委委託の
仕事は増減があります。


特に春から夏にかけて、
エアコン工事関連の案件が
毎年増えている印象です。

業務委託で働くと税金はどうなる?確定申告も必要になる?

確定申告イメージ

企業から雇用されて貰う給料と違い、
業務委託で得た報酬には
税金の天引きが一切されていない

状態のため、個人で確定申告を行い
納税する必要があります。

業務委託で報酬を得た額から
経費を引いた所得が20万円を超える場合

確定申告での納税義務が発生します。

原則、20万円以下なら
確定申告をする必要はありません。

雑所得20万円以下においても
確定申告の義務がありませんが
以下の注意点があります。

年間給与収入が2000万円以上
医療費控除等で確定申告を行う予定

上記は本業があり、
「副業」として業務委託報酬を
得ている場合のことで、

個人事業主、フリーランスは
確定申告の義務があり、
こちらには該当しませんので
注意したいところですね。

まとめ

働き方が多様化され、
副業の選択肢が本当に増えましたね。

特に業務委託はパソコンやスマホ、
インターネットの普及で
近年市場が拡大傾向
にあります。

副業として業務委託をする場合、
また業務委託一本で行う場合においても
自由度が高い利点の裏で、
業務上問題が発生した場合も
全て自分で対応しなければなりません。

その場合のリスクマネージメントも
必要になります。

企業側、請負側双方にメリットの
ある働き方になるので
業務委託で働く場合の
デメリットもしっかり理解して
自分にあった働き方を、
選んでいきたいですね。

まめおの副業noteメルマガ

まめおの副業メルマガ始めました!

メルマガではおすすめの副業からブログにはあまり書けないまめおの副業体験エピソードを不定期ですが配信していきたいと思います。

ご興味がありましたらぜひご登録ください(^^)

メルマガ募集
まめおの副業noteメルマガ

副業アドバイザーのまめおです(^^) まめおの副業メルマガ始めました! メルマガではおすすめの副業からブログにはあまり書けないまめおの副業体験エピソードを配信していきたいと思います。 メルマガ登録はも ...

続きを見る

メール無料相談受付中

副業に関しての相談や、WEBサービスについての質問、その他なんでもいいのでお気軽にご相談ください♪

どんな質問にも、まめおの判る範囲にはなりますが答えさせていただきます!

無料相談受け付け中
無料相談受付中

副業アドバイザーのまめおです(^^) 副業に関しての相談や世の中のWEBサービスについての質問その他なんでもお気軽にご相談ください♪どんな質問にも、まめおの出来る範囲にはなりますが応えさせていただきま ...

続きを見る

副業アドバイザーまめおでした(^^)

-副業

Copyright © まめおの副業note,All Rights Reserved.